主要登場人物

ツヅリ

「遠慮はいらないが、覚悟はしておいたほうがいい。」
※イメージCV:◯瓶由布子


■プロフィール■
名前:ツヅリ
性別:女
種族:鎌鼬(混血)
年齢:2678歳(人間で26歳)
身長:167cm
好:祭り
嫌:規律
一人称:私
その他二人称:あなた/君/~殿/~嬢/~ちゃん/(呼び捨て)

■概要■
万華鏡神社付属の屋敷で家事を担当している。
声が低く、凛々しくサッパリした性格のためか、村の女性から声をかけられることが多い。
そんな村の女性の事は勿論大切に思っているが、それ以上にふゆはの事を妹のように可愛がっている。
術などの特殊能力は使えないが、混血の鎌鼬ゆえ、剣や長柄武器などの様々な武道を扱う事を得意としている。
また、種族柄により見た目に反して実はかなりの怪力の持ち主で、成人男性5人分の力を持っている。
根は至って真面目で、とても優しく仲間思い。
料理全般が得意で、彼女が作るものはなんでもおいしい。
メインカラーは黄。

■容姿■
料理が得意の為、和メイドのような服装になっている。
しかし概要のとおり武闘派の為、膝にはアーマーを装備している。
黒と黄色が基調なのは警戒色を表している。
脳天の毛が特徴的で、謎の力で感情とリンクしている。
過去、政府組織に所属していた際、組織命令で女の全てを失う施術を強制的に行った為、彼女の下腹部には大きな傷跡が残っている。

■性格■
男装の麗人、基、おっぱいのついたイケメンで、とても紳士的な性格をしている。
そのため、一度村に出ると女性から黄色い声を向けられる。
勿論、そんな村の女性達にも優しい振る舞いをしているため、同性から恋文を貰ってしまうことも多々ある。
忠誠心が強く、成すべき事は必ず成し遂げようとするため、少々危険なことに首を突っ込んでしまうこともしばしば。
また、過去に政府組織に所属していた事情により、規律に従うことを不得意としているため何かに縛られることが苦手。

■戦術■
和メイドの服装に合わせ、大きなスプーンとフォークを豪快に振り回す。
本人はいともたやすく扱うが、重量は幻洛の扱う薙刀よりも遥かに重い。
多彩な武器を扱える上に怪力ではあるものの、万華鏡神社の用心棒たちのように前線で戦うことはなく、主に次鋒の立ち位置で戦う。
また、戦闘能力が高いため、丸腰でも十分な威力で戦うことができる。

■過去■
政府の裏で動いてる軍事組織の脱獄者。
女としては周囲より少しだけ力が強かったことで捕まり、組織により人型兵器として訓練されてきた。
組織の規則により、強制避妊させられている。
ツヅリは女であること全てを捨てられてしまうことを恐れ、施行間際に凄まじく暴れまわった。
凶暴な力で暴れまわるツヅリは、無理矢理麻酔により動きを止められ、施術を強行された。
下腹部には、その時の乱雑な傷跡が残っている。
組織から脱獄したツヅリは、逃亡先の竹林で力尽き倒れる。
そこに、お使い途中だったふゆはに発見され、命を救われる。

Back To Top