主要登場人物

ナギ

「…何か用か…。」
※イメージCV:◯川英郎


■プロフィール■
名前:ナギ
性別:男
種族:半魔(詳細不明)
年齢:不明
身長:185cm
好:ふゆは
嫌:右手
一人称:俺
その他二人称:お前/貴様/~氏/(呼び捨て)

■概要■
万華鏡神社の用心棒の一人。
数々の村を渡り歩いてきた剣豪で、その腕前は凄まじく、鬼に金棒と称されるほど強力なものになっている。
種族は半魔というもので、本来はこの世界に存在し得ない存在。
故に、怪異現象”邪鬼化”を発症する危険性が一切無い。
身体の半分は悪魔の血で構成されているため、戦闘力および回復力が異常に高い。
更に心臓を貫かれても死ぬことはなく、俗にいう不老不死の体質になっている。
しかしその強い力と引き換えに、非常に感情表現が乏しく、常に無口無表情となっている。
後にふゆはと恋仲となり、ナギの感情にも少しだけ変化が現れるようになる。
メインカラーはグレー。

■容姿■
銀色の髪をしており、両サイドが濃くなっている。
ふゆは曰く、髪質は綿菓子のようにふわふわしているとのこと。
身体の半分が悪魔で構成されている為、オッドアイかつ右腕は悪魔のものとなっている。
悪魔である右腕を嫌っており、ふゆはに手を差し伸べる際は左手を出すようにしている。(左利き)
戦闘時は幻洛や裂のように前線で戦うが、非常に高い回復能力を持っているため、負傷しても身体に傷は残らないようになっている。

■性格■
非常に無口無表情で、何を考えているのかわからない。
口数は乏しいものの、暗い性格というわけではない。
喜怒哀楽が無く、何かに対して驚きの表現を見せることもない。
しかし極稀だが、ふゆはが喜んでいる姿を見るとフッと笑みを浮かべたり、ふゆは絡みの厄介事には若干の怒りの表情を見せることがある。
何が好物か本人もわかっていないが、ふゆはの事が好きだということは自覚しているようだ。
また、若干天然のようで、時々ズレた発言をすることもしばしば。

■戦術■
絶対的に解明出来ない程の凄まじい魔力を持つ刀、「零式」の所有者。
一見ごく普通の日本等だが、ナギの力と連動しており、ナギ以外の者が持つと凄まじい衝撃波を放つため、非常に危険なものとなっている。
刀による居合術の他に、魔力を使って伊丹やふゆはの扱う妖術によく似た”結界”などを構成する事ができる。
その他、様々な攻撃を魔力と共に繰り出してくるため、単刀直入に言うとチートそのものである。

■過去■
魔界にて、ヒト形の身体と壮大な魔力が含まれた魂を融合する儀式により
悪魔として生まれる…、はずだったが
異例の事態により、身体の半分のみが悪魔の状態となり、
更に、悪魔としての感情が完全に消失した状態の「失敗作」として生まれる。
「失敗作」ではあるものの、それに引き換えて寿命・生命力が非常に高くなっている。(ほぼ不老不死)
しかし、”悪魔”として使い物にならないナギは、魔界の者たちにとっては邪魔な存在でしかなかった為
異界の渦に投げ込まれ、とある世界の名も無き集落に落とされてしまう。
落とされた集落にて、妖術の修業生だった伊丹と出会う。
ただならぬ魔力に興味津々の伊丹だったが、
自分はこの世界の者ではない事を伊丹に告げ、ナギは一旦その場から去り、行方を晦ました。
暫くして、この世界での生活に慣れ、数々の村を放浪してきたナギは、
万華鏡村にて神主となった伊丹と再会し、弟子のふゆはと初めて対面する。
これにより、自分の放浪生活に終止符を打ち、万華鏡神社付属の屋敷に永住することになった。

■半魔としての性格■
失敗作ゆえに悪魔としての感情が完全に無くなっているのは勿論、
感情もほぼ無くなっている為、無口無表情な性格になっている。
無口のためか、言うことはなかなかストレート。
ふゆはと恋仲になった事により、ほんの少しだけ感情が現れるようになってきた。
しかしすぐ無表情に戻る。
他者の感情や、俗に関する知識が疎い為、
どうしたらふゆはが自分に素を晒してくれるのか、接し方に問題があるのか等、
実はナギなりに思い悩んでいるところがある。

■寿命・生命力の高さ■
とにかく生命力が高い為、怪我を負っても凄まじい速度で回復していく。
小さな切り傷であればほんの数秒、深い刺し傷でも数分で回復する。
稀に、深い刺し傷を数箇所負った場合は倒れることもある。
倒れるだけで命には関わらない為、少し休めばすぐ治るようになる。
勿論、風邪や病になはならい体質。
体力も桁外れに高い為、3ヶ月に1回しか寝ない。(寝ようと思えば寝れる。)

Back To Top