主要登場人物

伊丹

「フフ、愚か者には、それなりの制裁を受けてもらわねばなりませんね。」
※イメージCV:◯輪英司


■プロフィール■
名前:伊丹(いたみ)
性別:男(※ふたなり)
種族:妖狐(純血)
年齢:2903歳(人間で29歳)
身長:178cm
好:緑茶(本心では幻洛)
嫌:尻尾を触られること
一人称:僕/私(目上のや参拝者に対して)
その他二人称:君/貴方/~さん/(対ナギ→呼び捨て)

■概要■
万華鏡村にある村一番の大きな神社、万華鏡神社の神主を務める者。
同じ種族であるふゆはの師で、親代わりでもある。
緑茶が大好きで、屋敷には茶葉専用の蔵がある。
普段は神社の敷地内にある屋敷で暮らしている。
霊術・妖術の扱いに長けており、村の陰陽師の肩書きも持つ。
生まれつき強い霊力を持っているが、その対価として怨霊の呪いを受けており、日に日に身体が呪いに蝕まれていっている。
呪いの進行を抑えるため、身体中に特殊な術のかかった包帯を巻いている。(呪いは完全には抑えきれていない。)
混血の覚である幻洛とは夫婦関係。(受)
メインカラーは緑。

■容姿■
柳緑色の髪をしており、前髪はおかっぱ、後ろ髪は長髪で一つに結っている。
髪留めは幻洛との関係が進展した際に彼から送られた品で、今でも大切に身に着けている。
陰陽師兼神主ということもあり、服装はごく普通の狩衣。
翡翠の首飾りを魔除けとして下げている。
純血な妖狐のため、狐耳と尻尾が生えており、身体全体を含め、呪いの進行を遅らせる為の包帯を巻き付けている。
耳と尻尾は性感帯となっており、特に尻尾は掴まれると甲高い声が漏れてしまうため、触られることを極力嫌う。
耳はヒト型のものも付いており、聴力は主にヒト型の耳が機能している。(狐耳では死者の亡き声や霊的な感覚を察することができる。)
中性的で美人な顔立ちをしている為、彼を一目見ようと参拝に訪れる者も多い。

■性格■
本人は優しいと言うものの、実はかなりドSで腹黒い。
愛弟子のふゆはには”優しく”術を教えているものの、傍から見るとかなり過酷な訓練のように見受けられる。
特に夫婦関係を築き上げた幻洛には塩対応で、扱いが雑なのもしばしば。
しかし、そんな幻洛とも二人きりの状態になると、少しばかり甘えるような素振りを見せることも。
また、幻洛の雄の姿を見たり、純粋な雄の欲を向けられるとタジタジになってしまう。
幻洛の過去のトラウマを知っており、唯一彼の本心を理解している。
そのため、幻洛が本気で沈んでいるときは真面目に優しく手を差し伸べてくれる。
「愚か者」が口癖。

■戦術■
生まれつき強い霊力を持っているため、霊術・妖術の扱いが得意。
武器は錫杖をはじめ、護符や呪符も使いこなす。
結界生成や幻影などは朝飯前で、呪縛返しの更に返しなどの高難易度な術も難なく使いこなす。
その為、怪異現象の一つである怨霊に対しては優勢に戦うことが出来る。
しかし物理攻撃などの直接的な力技は不得意の為、怪異「邪鬼」に対しては圧倒的不利となる。

■過去■
生まれつき強い霊力を持っているため、幼い頃から「生きる亡霊」と称され不気味がられていた。
彼の両親も、自分の子が異端児であることをきっかけに、伊丹を妖怪の保護施設に預けたまま姿を消した。
それからも、周りと少し異なる自分に生き辛さを感じていた伊丹だったが、ある日、とある夫婦の目に止まり、その施設から引き取られる。(後のふゆはの祖父母である。)
伊丹はその夫婦から霊力という未知なる力の話を聞き、霊力について深く学びたいと思い陰陽道に進む。
修学した伊丹は、やはり他者より強い霊力を持っていたことにより、様々な高難度な術を難なく取得していった。
独り立ちする頃、伊丹の霊力の強さは世に知れ渡っており、万華鏡村に身を置く帝より、陰陽師として村を守護してほしいと命される。
万華鏡村は、遠い昔、大規模な争い事により村全体が壊滅状態となり、多くの人々が犠牲になった村だった。
今でも、犠牲になった者の魂が恨みを抱え、怨霊と化して現れることを伊丹は知っており、そのまま取り憑かれるように入村した。

■伊丹の呪い■
生まれつき、伊丹は非常に強い霊力を持っている。
だが、強力な霊術を扱うことができる対価として、生まれたときから怨霊による呪いを身体に受け続けている。
幼少期では、まだ呪いの痣も症状も無かったものの、成長につれ身体に痣が現れるようになった。
一番最初に症状が出た右目は特に呪いが重く、目の合った者を失明させてしまう力が宿っている。
伊丹はこの進行を抑える為、呪いの痣が現れた部分に特殊な包帯を身体に巻き付けるようになった。
しかし呪いは完全に抑えきれておらず、ゆっくりと、確実に伊丹の身体を蝕み続けている。
いずれは呪いが完全侵食し、同時に最悪の怨霊と化し、幻洛やふゆはたち、そして万華鏡村全体を霊界の渦に沈め、伊丹自身も呪いの力に耐えきれず消滅してしまう運命を抱えている。
もはや為す術もない状態だが、呪いを完全に打ち消し、伊丹を救う方法が一つだけ存在する。

■呪いから解放される条件(R18)■
伊丹は男の性だが、”ソレ”とは別に女性器に酷似した下半身も持っている。(※男ふたなり)
これは伊丹の呪いが関係しており、生まれつきのため伊丹は違和感なく過ごしてきた。
なお、性感はあるものの、生物上は男のため生殖機能はない。
伊丹が消滅する運命を避けるには、心から愛する者と夫婦の契りを結び、更に彼の女性器に相手の精を受け入れなければならない。
また、回数をこなさなければ呪いを完全に打ち消すことはできない為、根気よく繰り返さなければならない。
この行為(解決策)は夫婦の契りを結んだ者の精を受け入れた時のみ効果があるため、他者の精を受け入れても意味はない。

Back To Top