★本編★

其ノ拾壱、欲(R15)

【主要登場人物】
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon-g.jpg です この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon-i.jpg です

【その他登場人物】

*CP*
幻洛×伊丹(BL)※R15

——————————

『お前と、夫婦(めおと)の契りを結びたい。』

幻洛から求婚され、その思いを受け入れた伊丹。
互いの想いが通じ合えば、為すべきことはただ一つ。
夫婦の契りを結ぶ儀式を行わなければならない。

伊丹を蝕む呪いは刻一刻と確実に進行している。
もはや迷う時間すら惜しかった。

段取りは全て伊丹の式神たちが担うことになった。
本来ならば、このような正式な決め事は愛弟子のふゆはを始め、ナギ、裂、ツヅリたちにも伝えなければならない。
しかし、長年共に暮らしてきた幻洛と、ましてや男である者と異例の契りを結ぶなど、伊丹は当然公表できなかった。
女物の白無垢を着るとなれば尚更だ。

誰にも見られぬよう、儀式は真夜中、万華鏡神社で行う事となった。

………

周囲が静寂に包まれた亥の刻。
暗闇に浮かぶ満月が、煌々と辺りを照らす。

幻洛は万華鏡神社にある一つの小部屋に居た。

「よくお似合いですよ、幻洛様。」
伊丹の式神が優しく声をかける。
そこには羽織袴に身を包んだ幻洛の姿があった。

「…お前たちは伊丹の式神なんだろう?式神とは、どういう感覚なんだ?」
幻洛は別の式神に長い前髪を整えられながら尋ねた。
「我々の力の源は全て伊丹様と繋がっております。それぞれ自我を持って動いておりますが、大元の意識は伊丹様に紐付いております。」
幻洛の羽織袴を整える別の式神も答える。
「つまり、日頃は皆様と同じよう、各々の思いや考えで行動しております。ただし、この主力は伊丹様ご自身ですので、我々が行動できる範囲は限られておりますが。」

自我を持つ無機質な生物ということだろうか。
矛盾し合う単語に、幻洛はあまりピンと来なかった。

幻洛は質問を続けた。
「例えば今、伊丹がこちらの状況を知る事は出来るのか?」
「はい。我々が”自我”を利用して伊丹様へ伝える事も、伊丹様自身が我々を通じて現状を把握することも出来ます。」
ある意味、幻洛が持つ千里眼の力に近いものだった。

元を辿れば、式神はただの紙切れに過ぎない。
それらが自我を持ち、各々が個性あふれる妖狐に化け、自分たちと殆ど変わらない生活を送っている。
それだけではない。
少し前、ふゆはが伊丹と結界の鍛錬を行った際、模擬戦として作られた怨霊も式神だと伊丹は言っていた。
今目の前にいる彼らも、伊丹の力次第で敵対することがあるのだろうか。

「…お前たちは伊丹の式神として生まれて良かったか?」
袴の帯を整える式神に、幻洛は問いかけた。
「…あいにく、我々には生まれるという感覚が無く、死ぬという感覚もありません。その点においては何とも言えませんが。それでも、伊丹様の式神であり光栄に思っております。」
「それは伊丹が教えた事か?」
「いえ、この感覚は少なくとも我々の自我による言葉でございます。」

生まれるという感覚が無いまま、伊丹の下で働く。
一体、どこからが伊丹の意思で、どこからが”彼ら”の自我なのだろうか。
式神とは、とても不思議なものだ。

「つまり、お前たちは伊丹が背負っている例の件についても知っているのか?」
「伊丹様の呪いのことですね。勿論。」
式神は何食わぬ顔で、伊丹の呪いについて話し出す。
「ただ、我々にとっては生死の感覚が理解出来ぬゆえ、事の重大さもわからないのです。…それでも、良きからぬ事であるというのは認識しております。」
着付けを終えた式神は、真剣な面持ちで幻洛を見据えた。

「どうか伊丹様を、我が主をお救い下さいませ…。」
それは式神の自我による思いなのか、伊丹本人の思いなのかはわからない。
ただ、両者共に呪いの解放を望んでいるということだけばわかった。
この先の、万華鏡村の未来の為にも。
大切な仲間たちの為にも。

「…普段、こうして話す機会などなかったからな。”お前たち”の話を聞けて良かった。」
「ふふ、伊丹様のお相手が幻洛様で、我々も嬉しい限りです。」
式神は柔らかな笑顔を幻洛へ向け、主である伊丹との契りを祝福した。
その笑顔は、どことなく伊丹に似ているような気がした。

「伊丹様の準備は整っております。どうぞ、此方へ…。」
別の式神が、幻洛に声を掛ける。

いよいよか…、そう幻洛は思いながら、やや緊張した足取りで儀式の間へ向かった。

………

儀式の間の襖を開けると、そこはまるで別世界のように装飾されていた。
祭壇の前に、白い衣装に身を包んだ愛しい者の姿があった。

「幻洛さん…。」
「!」
今まで見たことのない伊丹の姿を目の前に、幻洛は思わず息を詰まらせた。

立てば芍薬、座れば牡丹

今、この伊丹を表現すならば、このことわざが一番適していると言えよう。
この者が男でも女でも、そんな事は既にどうでもよかった。

白無垢に身を包み、儀式の間に身を置いていた伊丹は、少し恥ずかしげな表情で幻洛の方へ顔を向けた。
月の光が、伊丹という存在をより一層煌めかせる。

…美人だ…。

幻洛はそう純粋に思った。
想像していた以上に、伊丹の白無垢姿は幻洛の脳裏に衝撃を走らせた。

幻洛は引き寄せられるように、伊丹の向かいに腰を下ろす。
「夢でも見ているようだ…。」
ニヤニヤと頬が緩むのも構わず、舐めるように伊丹を見つめる。
「夢の中の僕の方が良かったでしょうか?」
「そんなわけないだろ。相変わらず素直じゃない奴だな…。」
「フフ…。」
もはや日常的になった幻洛との言葉遊びに、伊丹は笑みをこぼす。

「…まさか、このようなものを着る日が来るだなんて…。」
改めて、伊丹は身につけている白無垢に目を落とし、頬を染める。
この白無垢も、式神たちが選んできたものだ。
装飾も全て、彼らの自我に任せて。
「文字通り、狐の嫁入りだな。」
伊丹の晴れ姿に、幻洛はじっくりとその姿を目に焼き付けた。

「本当に、ふゆはたちに知らせなくて良かったのか?」
このような大事な催しに、誰も呼ばなかったことを幻洛は気にしていた。
これは伊丹の意向により決められたことだが、いわゆる秘め事を増やす形になるのだ。

「…ええ。皆さんには申し訳ないとわかっています。しかし、流石に万華鏡神社の神主兼、村の陰陽師である者が、こんな姿を晒すなど…。」
「最高に似合っているんだが。」
「ありが…、じゃなくて!純粋に恥ずかしいんです…!」
頬を染めながら伊丹は顔を背けた。

「…それに、ふゆはさんたちの事ですから心配は無いとは思いますが、この儀式を偏見する方もいないとは言い切れないでしょう…。」
この契りで、皆との関係を傾けたくない。
伊丹はそう思っていた。

「なるほど、ならばこの姿の伊丹を見れるのは俺だけ、という事だな…。」
「う…、そんなにまじまじと見ないで下さい…。」
伊丹は恥ずかしいそうに白無垢のツバで顔を隠してしまった。

この姿の伊丹を見れるのは自分だけ。
そんな特別な光景に、幻洛はひっそりと優越感に浸った。

「契りを結ぶ際のしきたりはわかっているか?」
「ええ、一応は…。」
「なら、話が早いな。手取り足取りで教えてやろうかと思ったが。」
「残念ながら、そこまで無知ではありません。」
俗に疎い伊丹でも、そこまではわかっている。
幻洛の妖しい欲望を制した伊丹は、フンと鼻で笑った。

契りを結ぶには、生涯の伴侶となる者の首筋に噛みつき、痣という刻印を残さなければならない。
その昔は、危険とも言える程の、一生残る程の強い痣を残す風習があった。
しかし、それも今ではあくまで噛み付くだけの形上のもののみとなった。

相手に痣が残らなくとも、このような儀式を開き、相手の心に生涯の想いを伝えれば、晴れて夫婦として結ばれるのだ。

月明かりに照らされた儀式の間が静まり返る。
長くて短い音の無い時間が、互いの耳をツンと貫いた。

「さて、いいか…?」
幻洛が身を乗り出しニヤリと笑う。
「はい…。」
もはや拒む理由など無かった。
伊丹は少し緊張しながらも、されるがままに幻洛に身を預ける。

「伊丹、俺は一生をかけて、必ず、お前を呪いから解放してやるからな。どんな事があっても、お前を救ってやるからな。」
そっと、伊丹の細い腰に幻洛の逞しい腕が回される。
これから起こる事に身構える伊丹は、反射的に身を攀じらせた。
そのまま少し力強く引き寄せられ、伊丹の首筋に幻洛の口が当てがわれる。

じゅ、と唾液を含んだ幻洛の歯が首筋に当たり、伊丹はビクリと身体を震わせる。
「ん…っ」
ぬるぬるとした舌で悪戯に舐められ、伊丹は声が漏れそうになるのを必死に堪える。
耐え凌ぐように、首筋に噛み付く幻洛の服の裾をギュッと握った。

伊丹の首筋から、あの引き寄せられるような良い匂いがした。
本能のままに、幻洛の思考は支配される。

ああ、伊丹。
やっと手に入れた、俺の心の拠り所。
ようやく手に入れた、大切な存在。
だが、まだ足りない。
伊丹が、足りない。

心も身体も、呪い以上に、全て俺が支配してやる。
伊丹、伊丹が足りない。
抱きたい。
抱きたい。

俺は、伊丹を抱きたい。

お前を、俺の全てで満たしたい。

がりっ…

「あっ…!」
伊丹の声に、幻洛の思考が現実に戻る。
幻洛はハッとし、伊丹の首筋から顔を離す。

俺は今、何を考えていた。
伊丹を抱きたい?
…伊丹は男だ。そんな事、”普通”ではあり得ない…。

「…すまない、痛かったよな。」
我を忘れて貪っていたせいか、噛み付いていた首筋に小さな傷を付けてしまったようだ。
「いえ、大丈夫…」
胸の鼓動が早まり、荒ぶる息をなんとか抑えようとする伊丹の狐耳は、恥ずかしそうにぺたんと下がっていた。
そして、首筋に噛み付かれていたことにより掛衿が乱れた白無垢。

「っ…」
幻洛の雄を煽るには行き過ぎた光景だった。

「僕の番ですね…。」
そんなことも知らない伊丹はいそいそと白無垢の掛衿を直し、今度は自分が幻洛の首筋に痕を残す為に身を乗り出す。
「では…、その、失礼します…。」
「フッ…そう畏るな。」
「これが気軽にできればこんな気苦労はしません。」
伊丹はじとりとした目線で幻洛を軽く睨む。
しかし、その頬は赤らんだままだった。

コホン、と一つの咳払いが伊丹から発せられる。
同時に、まるで仕事に集中している時のような、真剣な面持ちを幻洛へ向けた。

「…幻洛さん、私は一生をかけて、必ず貴方の心を守ります。どんな事があっても、私は貴方の心の支えとなります。」
幻洛に寄りかかり、その太く逞しい首筋に伊丹の柔らかな唇が触れる。

幻洛の首から香る彼の匂いに、伊丹はくらりと目眩がした。
初めて感じる、とても強い雄の匂いだ。

「んっ…」
伊丹は酔にも似た感覚に陥りながら、幻洛の分厚い肩に手を添える。
かぷ、と遠慮がちに小さく喰み、飴を舐めるようにペロペロと暖かな舌で肌を濡らす。
懸命に、伊丹は幻洛の首筋に噛み付いた。

「ん…、はっ…、んぅ…」
「…。」
耳元で聞こえる伊丹の苦しそうな吐息、肌を滑る暖かな舌の感触。
その行動一つ一つが、幻洛の脳を確実に刺激していく。

「は、ぁ…すみません、上手くできなくて…。ベタベタになってしまいましたね…。」
幻洛の首筋から顔を離し、目の前で顔を紅潮させながら息を乱す伊丹。
ぼんやりとした思考の中、幻洛は噛まれた首筋から身体中に熱が染み渡る感覚を感じていた。

幻洛と伊丹は、晴れて夫婦の契りを結んだ。
この先は、互いを伴侶として、一生を連れ添い生きていくことになる。

ようやく、伊丹を手に入れることが出来たのだ。
「…。」
喜び、感謝の言葉を伝えようとした。
しかし、幻洛の思考は既に本能に上書きされていた。
「幻洛さん…?」
無言のままの幻洛に、伊丹はそっと顔を覗かせる。

伊丹の左目と己の金眼が合った瞬間、今まで堪えてきた欲が一気に爆発する。

「伊丹、すまない…っ」
引き寄せられるように、幻洛は伊丹の唇へ噛み付く。
「っ…!?」
突然の行動に、伊丹は呆気を取られる。

ぬるり、と口腔を弄るぬるい感触。
伊丹は、ソレが幻洛の舌であることを理解するまで時間はかからなかった。
ぬちゅぬちゅ、と、幻洛の舌で弄ばれる口腔から卑猥な音が漏れ、伊丹の思考はいとも容易く溶かされていく。

幻洛さん、どうしたのだろう。
早く、止めないと。
止めないと、いけない…、のに…。
力が…、入らない…。

「はぁ…、んっ…」
荒々しい口付けから、伊丹は漸く解放される。
つぷ…、と離れ際に銀色に輝く糸が名残惜しそうに繋がる。
その光景が、伊丹の溶けた思考にぼんやりと刻まれた。

「幻洛、さ…っ、ぅあっ…!」
伊丹の視界がぐるりと回り、儀式の間の天井が視界に映った。
ようやく、自分は押し倒されたことを伊丹は理解する。
そこには、欲に溺れ、獲物を捉えたような目で自分を見下ろす幻洛の姿があった。
しかし、その表情はとても辛そうなものだった。

「!…んっ…ぅ…」
「は、…は、…伊丹…」
伊丹の鎖骨に噛み付きながら、幻洛は貪るように白無垢を剥いでいく。
ひんやりとした空気に、伊丹の色白い素肌が曝される。
包帯の巻かれていない胸元に幻洛の大きな手が添えられ、伊丹の肌を弄んでいく。

オス、だ…。

恥ずかしいという感情以上に、見たこともない姿の幻洛に、伊丹はただ圧倒されていた。
ひんやりとした空気が、胸元から下腹部の方まで下がっていく。
幻洛は伊丹の白無垢の帯を解き、その肉付きの少ない脇腹を愛おしそうに唇で喰んだ。
「んっ、やぅ…!」
びくん、と、伊丹の白くて綺麗な長い脚が白無垢の裾を蹴り上げる。
甲高く鳴く甘い声を求めるように、伊丹を喰む唇は更に下まで降りていく。

ぐいっと片脚を抱え上げられ、伊丹は夢見心地のまま慌てる。
「…だめ、だ…っ、げんらく、さん…、そんなところ…っ、あ…!」
暖かく湿った幻洛の舌に、べろり、と太腿を舐め上げられ、伊丹はその感覚にビクビクと身体を震わせる。
静止させようと伊丹は幻洛の頭に手を伸ばすも、その抵抗はあまりにも非力なものだった。

伊丹は密かに、この先の展開を期待していた。

「ッ…、は…、伊丹、伊丹…」
ちゅ、ちゅ、と、幻洛は伊丹の太腿を夢中で貪る。
伊丹の手が己の頭にやんわりと添えられ、抵抗を感じた幻洛は意識的に欲を抑え込む。

…何をやっているんだ、俺は。
伊丹と夫婦の契りを結んだといえど、合意の無いままコトに及ぶなど凡愚に過ぎない。
ダメだ、ダメだ、抑えなければ。
目を覚ませ。

抱えていた伊丹の太腿をそっと下ろし、幻洛は苦しそうに滾る息を飲み込む。
「っ…、はっ…、すまない…、がっつき過ぎた…、ん?」
冷静さを取り戻した幻洛は、伊丹の脚の間にある光景に目を疑った。

はだけた下着から、控えめな反応を見せる伊丹の雄。
そのすぐ下から、隠れるようにひっそり身を隠す存在。
「な…、嘘、だろ…。」
「え…?」

メスだ。

そこには、どこからどう見ても雌の性器と同じものがあった。
驚愕しながら、幻洛は伊丹の濡れた雌の入り口に中指をグッと優しく押し当て、そのままヌルッと撫で上げる。
「…ひ、ん…!」
ビクッ、と、伊丹の腰が跳ねる。
その感覚に連動するかのように、尻尾も快感に震え上がる。
幻洛の指を更に求めるように、伊丹の雌がヒクヒクと震え、奥へ奥へと誘う。

雄の欲全てを刺激される光景だが、信じられない状況にそれどころではなかった。
「伊丹、お前のコレは…、どういう事だ…。」
「は、…?な、にが…?」
いまいち、伊丹は幻洛が驚いている事を理解できていなかった。
「お前のここ、女のやつだろ…。」
「な、何です…?」
この有様に驚かない伊丹に、幻洛も理解ができなかった。

「だって…、男の身体は、皆これが”普通”では…?」
伊丹はキョトンとし、一体どこがおかしいのだろうか?と首をかしげる。

何も疑問に思わず、当たり前のような言い方をする伊丹に、幻洛の思考が一瞬停止する。
「普通ではない。」
「!?」
冗談ではない、非常に深刻そうな幻洛の返答に、伊丹はようやく驚きを見せる。
「あり得ない…。こんな、男と女の下半身が一体化しているなど…。」
「ど、どういう事ですか…!?」
幻洛は答えず、伊丹の両性器を真剣にも奇妙な面持ちで眺める。

「ち、ちょっと待って下さい…!そんな、僕…!!」
伊丹は混乱した。
恥ずかしさが一気にこみ上げ、急ぎ身に着けていた白無垢で身体を隠す。

普通ではない、あり得ないことが、背負っている呪いの他にあったなど、今更すんなり受け入れられるはずがない。

「す、少し、時間を下さい…。」
「あ、あぁ…勿論…。」
伊丹ははだけた白無垢を手で抑えながら、そのまま儀式の間を出ていってしまった。

幻洛は後を追わず、その場で頭を悩ませた。
「…あれは、怪異の一つなのか…?それとも、伊丹の呪いが関係しているのか…?」
伊丹の雄の下にひっそりと息づく、伊丹の雌。
あの光景が頭の中で蘇り、幻洛の下半身が再び熱を持ち始める。
「…ッ、くそ…。」
思考が、本能に支配されていく。
無理に性欲を抑えていた身体が一気に高揚し、その息苦しさに幻洛は身に着けている羽織袴の帯を乱暴に解いた。

伊丹の体液が付着した己の中指に、幻洛はそのまま夢中で齧り付く。
初めて味わう雌の体液に、幻洛の理性は簡単に崩壊した。

雌だ。
雌だ。
雌の匂いだ。
伊丹の匂い、だ。

「っは、…ッ!」
熱を持ち、痛いほど腫れて勃ち上がった雄を、幻洛は本能のまま握り擦る。
これ程まで欲情したことは記憶にない程だ。

今はただ、伊丹が欲しい。

伊丹の雌に、この熱く滾った雄を突き挿れたい。

思い切り揺さぶりたい。

溢れるくらい、中に出したい。

「は、はっ…、チッ…、抜くしかない、か…」
伊丹の雌を求め、己を制御できなくなった幻洛。
そんな愚かな自分自身に舌打ちしながら、幻洛はそのまま快楽の波へ溺れていった。

………

「伊丹…、入っていいか…?」
「どうぞ…。」
欲を吐き出し、一応落ち着きを取り戻した幻洛は浴衣に着替え、伊丹の部屋を訪れていた。
伊丹も白無垢を着替え、浴衣姿で布団の上へ座っていた。

幻洛はゆっくりと、伊丹の隣に腰を下ろした。
「その、がっついてすまなかった…。」
「…いえ…。」
神聖な万華鏡神社で、あまつさえ儀式の間で、あのような愚行をしたことに幻洛は深く反省していた。
伊丹も、完全に拒むことができず、むしろあの場で幻洛を欲していたことに、神主兼陰陽師の身として如何なものか、と自己嫌悪になっていた。

「あの…、僕のこの下半身も、”普通”ではないのでしょうか…。」
恐る恐る、伊丹は自分の身体について幻洛に尋ねる。
「ああ、こればかりは、俺もかなり驚いた。あくまで俺の推測に過ぎないが、おそらくはソレも呪いか何かが関係していそうだな…。」
「…そうですか…。生まれつきだったもので、本当に僕はこれが普通かと…。」
「まあ、無理もないな…。」
生まれつきという理由で、何も疑問に思わずこれまでを過ごしてきた伊丹。
何か重要な意味があるのかもしれないと、幻洛は伊丹の異体について考えた。

雄として生まれたはずの伊丹が、雌の性器をも持つなど、一体どういう事だ。
それに伊丹は、俺以外の誰かと恋愛すらしてこなかったと言っていた。
おそらく、両性器を持っている事に違和感を持たず暮らしてきたということは、性に対する経験や関心も無かったと見える。

この二つが、もし呪いと関係しているならば…?

「伊丹。」
改めて、幻洛は伊丹と対面して向き合う。
幻洛は少し気恥ずかしそうに、伊丹に問いかける。
「…この気持ちを伝えたら、きっとお前は俺を軽蔑するだろう。だが、そんなことは覚悟の上で伝える。」
真剣な表情で、黄金に輝く瞳を伊丹に向ける。

「俺は、お前を…、伊丹を抱きたい。」

重低音の声が、撫でるように部屋に響き渡る。
それを最後に、辺りが静寂に包まれた。

音の無い音が、痛いほど耳に突き刺さる。
「…その、出来そうか…?」
「…。」
返答のない伊丹に、幻洛は不安の唾を飲みながら伺う。
儀式の間であんなことをしておいて、今更そんな事を聞くのかと笑われる覚悟をしていた。
しかし、そんな覚悟は不要と言わんばかりに、伊丹も頬を赤く染めながら目を伏せて小さく頷いた。
「…幻洛さんとなら…、もう何も怖くないですから…。」
消え入りそうな声で伊丹は返事を返した。
それに…、と、伊丹は恥ながらも真剣な表情で深海のような色の瞳を幻洛に向ける。
「僕も…、幻洛さんが欲しい。」
不安そうにギュッと浴衣の裾を握るも、その手の内には強い意志が込められていた。

「夫婦の契りを結んだ以上、既に幻洛さんは僕のものであるのはわかっています。ただ、そういう意味ではなく…、」
もぞもぞと、伊丹は口籠る。
自分の貪欲な顔を見られたくないと言わんばかりに、幻洛の肩口にトンと顔を埋める。
「ちゃんと、身体の奥底まで貴方を感じたい…。呪いではなく、幻洛さんを感じたいんです…。」
甘えるように、幻洛の肩口に頬を擦り寄せる。
伊丹は気づかれないように、幻洛の下腹部に熱い眼差しを向けていた。

「…。」
素直に自分を欲しがり、擦り寄る伊丹の温かな体温。
その感覚に、ゾクゾクと幻洛の腰が熱く痺れる。
抜いたばかりだというのに、下腹部が重い熱を持ち始め、下着を圧迫させているのを感じていた。

幻洛は苦しくも堪えるように、伊丹の頰をグイと持ち上げ唇を寄せた。
深く刻み込むように、低い声が囁かれる。
「…少し待っててくれ。」
チュッと頬に軽く口付けを落とし、伊丹の狐耳を優しく撫でる。
先のように、欲に溺れて伊丹を襲うことなどするものか。
そう心の中で誓いながら、幻洛はコトの準備のため一旦伊丹の部屋を後にする。

………

「…。」
再び、部屋で一人となった伊丹は、この先起こる事について頭がいっぱいだった。
口付けされた頬から、じんじんと熱が放たれる。
以前読んだ、あの恋愛小説のような出来事が自分の身に降りかかろうとしているなど思いもしなかった。
しかし、心の何処かで、恋愛小説のような出来事が起こることを期待している自分がいた。

誰も知らない、彼のことを知りたい。

儀式の間で見た、幻洛の雄の顔を思い出し、伊丹は身体が熱くなるのを自覚しながらゴクリと息を呑んだ。
「はあ…幻洛さん…。」
身体の奥底が、幻洛を求めてずぐずぐと疼いていた。

………

「…。」
その頃、自室に戻った幻洛は、この先起こる事について頭がいっぱいだった。
熱を持ち始めた雄は、未だに引けを取らなかった。
だが、もう慰めはしなかった。
この欲は、伊丹に捧げるものなのだから。

パチン、パチン
長く伸びた青い爪を丁寧に、深く、伊丹を傷つけないようにと思いながら切っていく。

幻洛の性交は初めてではない。
もはや掠れて見えないほど遠い昔、性への興味を持ち始めた少年の頃、どうでもいい女に言い寄られ、興味本位のまま事に及んだことがある。
しかし、好いてもいない者と事に及んだ当時は興奮や快楽など一切なく、善がる女を目の前に「所詮、性交などこんなものか。」と完全に冷めきっていた。
そしてその後、幻洛に抱かれた女は…。
「ああ、くそ…。」
思い出したくもない、不愉快で余計な記憶だ。

ともかく、その一度きりの経験だった為、誰かにこれ程まで欲情するとは幻洛自身も思っておらず、あの儀式の間では制御することができなかった。

夫婦の契りを結び、愛し合う者同士で及ぶ行為。
実質、初めて訪れようとする経験に、幻洛も非常に緊張していた。

「…さて、行くか…。」
緊張を和らげるようにフッとを息を吐き、幻洛は愛しい嫁となった者の部屋へ足を運ばせた。

Back To Top