★本編★

其ノ玖、深

【主要登場人物】
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon-g.jpg です この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon-i.jpg です

【その他登場人物】


*CP*
幻洛×伊丹(BL)


——————————

「んっ…」
眩い光が、障子越しに部屋を照らす。

あ、さ…?

いつも起床する時間より、周囲が明るくなりすぎている。
「!」
まさか、何故、寝過ごしてしまったのか。
とにかく急ぎ身支度を済ませねば、そう思いながら、伊丹は身を起こそうとした。
「…?」
しかし、腰回りに感じる強く固定されるような力に、伊丹の動きは妨げられる。

「なっ…!」
あろうことか、幻洛の腕がガッチリと巻きつかれていたのだ。
なんとか脱しようと身じろぐも、いつも薙刀を振るうその逞しい腕はビクともしなかった。

…そうか…、昨日…、幻洛さんと一緒に…。

昨晩の出来事を思い出し、伊丹は赤面した。
ただ寝るだけではあるものの、誰かと寝床を共にする事など今までなかったことだ。
そして自分でも理由がわからない程、安心しきって眠ってしまったのだった。

「ん…、伊丹…、おはよう…。」
伊丹が起き上がろうとしたのを感じたのか、眠そうな声で幻洛も目を覚ます。

気怠そうな声と表情。
着崩れた浴衣から見える太く逞しい首筋。
そんな幻洛が色っぽく見えてしまい、伊丹は思わず目を逸らしてしまった。

「おはようございます…、じゃありません!こんなに明るくなるまで寝てしまったなんて…!」
相変わらず腰に腕を巻かれており、立ち上がることが出来ず身動ぐ伊丹。
幻洛は面白そうに、ニヤニヤとしながらその様子を見ていた。

「ああ…俺はゆっくり二度寝させてもらったぞ…。」
「は…!?な、なんで起こしてくれなかったんですか…!」
驚愕する伊丹に、幻洛は相変わらず面白そうに答えた。

「伊丹の寝顔があまりにも可愛くてな。起こすのがもったいなかっただけだ。」
「なっ…」
何を言っているんだこの愚か者は…!
そのニヤつく顔で、ずっと寝顔を見られていたというのか…!

カッと、伊丹は顔に熱を感じた。

「とにかく、身支度をしたいので早く離してください…!」
相変わらず、腰回りを太い腕で固定されて困り果てる伊丹。
そんな伊丹をよそに、幻洛はより一層の力を込めて、彼の腰回りに顔を埋める。
「ん〜…、伊丹は良い匂いがするな…。興奮する。」
「このっ…!朝から変なことしないで下さい…!早く仕事の準備をしないといけないんですから…!」
必死に、まとわりつく幻洛を離そうとする。
非力ながらも藻掻き続ける伊丹に、幻洛は「つれないな…」と笑いながら呟き、その愛おしい存在を解放してやった。

「はあ…、幻洛さんだって、村の巡回があるでしょうに…。ちゃんと行ってくださいよ。」
ようやく解放された伊丹は、小言を言いながらいつもの狩衣に着替えようと、いつも通り浴衣を脱ぎかけた。
「!」
突然、何かを思い出したかのように手が止まる。

背後から…熱い視線を感じる…。

「脱がないのか?」
「…。」

この…愚か者が…。

「…あっちで着替えます。」
「えー…」
「えー、じゃないでしょう!そんなに凝視されたら、は…、恥ずかしくて着替えられません!」
伊丹は脱ぎかけた浴衣を手で押さえながら、足早に付属する小さな仕事部屋へと姿を消した。

伊丹の居なくなった部屋で、幻洛は一人、面白そうに笑った。
「…全く、素直じゃないヤツだな…。」
今までは少し不可思議で、感情の起伏もあまり感じられない者と思っていたが、
昨日の件も踏まえ、並みの自尊心はあるようだ。

ああ、もっと可愛がってやりたい。
もっと、他の奴が知らない表情を見てみたい。
いっそのこと、この先ずっと…。

…と、そろそろ自分も村の巡回へ出なければならない。
名残惜しくも、伊丹の香りが残る布団をもう一呼吸堪能し、その香りを今日一日の活力とした。

………

「ふあ…」
少しばかり夜更かししてしまったせいだろうか。
伊丹は万華鏡神社の書斎で、今日中に書き進めなければならない書類に筆を走らせていた。

「伊丹、大丈夫…?」
「…!」
書類の整理を手伝っていた愛弟子のふゆはから声をかけられ、伊丹はハッとした。

…誰かの前で、こんな大あくびをしてしまうなんて…。

「ええ…、少し、気が緩んでしまったようです…。」
思わぬ失態に、伊丹は苦笑いをした。
「ふふっ…、伊丹にも、そんなところがあるのね。」
どこか安心したかのように、ふゆははまとめていた書類を傍らに置いた。

晴天の下で飛び交う小鳥のさえずりが、書斎の硝子窓越しに奏でられる。

「…昨日は本当に心配したんだから…。」
ぽつり、と、ふゆはの呟きが天気雨のように落ちる。
「…でも、不思議ね。今まで以上に、今日の伊丹はとても近くに感じる。」
「ふゆはさん…。」
にこりと笑うふゆはに、伊丹は申し訳ない気持ちで一杯になった。
「結界の術、鍛錬が滞ってしまってすみません…。」
「いいのよ、伊丹の都合だってあるのだから。気にしないで。」

…結界の術…、彼女が強い意志で学びたいと願ってきた術…。
だからこそ、師である自分は弟子の意志を蔑ろにせず、責任を持って教え続けなければならない。

それなのに…。
…大切な愛弟子を差し置いて、自分は何故あんな行動をしてしまったのだろうか。
長年背負い続ける呪いというものに追い詰められ、自暴自棄になっていたのはわかっている。
ただ、それ以外にも、なにか…強いものに…、…引きずり込まれて……いたような……。
「…!」
ハッと、伊丹は我に帰る。

…自分は今、何を考えていたのだろう。
やはり、少し寝すぎて気が緩んでいるようだ…。

気を取り直し、伊丹はふゆはに微笑みかける。
「そういえば…、ナギとはどうですか?」
「!?」
突然の問いに、ふゆはは思わず顔を赤くし硬直する。
ナギと伊丹は、古くからの付き合いだ。
その者が、自分の弟子と恋仲という関係になったことについて、伊丹は興味津々だったのだ。
…いろいろな意味で。

「…え、あ、いえ…、普通だと思うけれど…。」
赤面しながらも、ふゆはは静かに照れ笑いした。

「なるほど。」
“普通”、か…。
恋愛というものに関しては全くの未知の世界故、ナギとふゆはさんの成り行きを見て参考にできないかと思っていたものの…。
この二人の当事者でもない限り、参考にするのは難しそうだ…。
…”普通”、とは一体何なのだろう。
僕は、幻洛さんに応えることは出来るのだろうか。
今朝の出来事だって…、仕事さえ無ければ…、僕だって本当はもっと…。

「はあ…。」
「…?」
突然、伊丹が深い溜息を吐きながら顔を手で覆う。
自分とナギのことを聞いておきながら、一体どうしたのだろう。

その様子を不思議そうな顔でふゆはに見られていたことに、伊丹は気づかなかった。

………

「古書の買い足しをしたいので、少し出かけてきます。すぐに戻りますので。」
「はい、お気をつけて。」
時は未の刻。
漸く仕事が一区切りついた伊丹は、古より伝わる怪異現象について記された書物を買う為、自身の式神に外出する旨を伝え、村に出た。
久々にゆっくりと見る万華鏡村は、未の刻ということもあり一層賑わっていた。

この村を常々、ナギ、裂さん、そして幻洛さんが巡回任務しているんだな…。

万華鏡村の住民は、温厚で気前のいい者たちが多い。
そして、用心棒を務める幻洛たちのお陰で、この村の平和は守られている。

きちんと感謝、しないとな…。

改めて伊丹は思いつつ、目的の古書を取り扱う店へたどり着いた。

少し古びているものの、立派な佇まいの書店には、様々な書物が高々に、ずらりと綺麗に並んでいた。
「…これと、この書籍も買っておこう…。」
思った以上に気になる書物がたくさんあり、伊丹は衝動的に手にとっていった。
「ん…?」
一際、気になる表紙の書物が目に入った。
『愛する貴方と共に』
伊丹も詳しくは知らないが、いわゆる恋愛小説であった。

只ならぬ欲に惹かれた伊丹は、周囲に誰も居ないことを確認し、チラリとその小説を覗いてみた。
冒頭から中盤ほどまで、ざっくりと目を通す。
「うわ…。」
そこには、とある男女が互いを想い、恋い焦がれる話が書かれていた。
めでたく男女は結ばれ、初夜について少々破廉恥に綴られており…、
…と、伊丹は黙って静かにその小説を閉じた。
顔が、熱い。

いやいや、今日は古書を買いに来ただけだ。
余計な物を買うべきではない。
…誰かの想像で書き上げられただけの小説に、興味なんて……。

いつの間にやら、伊丹はその小説も古書と一緒に手にとっていた。

そうだ、これはあくまで、古書と同様に参考にする為に読むものなのだ。
…という事にしておこう。

意を決し、伊丹は書物を数冊抱えながら、この書店の店主のところへ歩いていった。
「いらっしゃい。…おやおや、万華鏡神社の神主殿か。久しぶりじゃのう。」
「お久しぶりです。」
そう言いながら、伊丹は軽く頭を下げる。

この書店の店主は大変珍しい種族で、純血な麒麟の妖怪だ。
淡い浅葱色をした綺麗な長髪で、頭からは龍のような大きな角が二本生えている。
歳は伊丹と変わらなそうな青年ではあるが、古風な喋り方が特徴的だ。

「ここ最近、お主の姿を見なかったな。風邪でも引いていたか?」
「いえ、まあ…少し忙しくて…。」
以前より、伊丹は古書を求めてこの書店へ通っていた。
麒麟の店主とも、その都度他愛のない会話をしており、歳が近いこともあってか、いつしか互いに顔見知りになっていた。
「まあ、儂がどうこう言う筋合いもなかろうがな。」
軽く笑いながら、慣れた手付きで店主は伊丹が持ってきた風呂敷に書物を包む。

ふと、店主の手が止まる。
小難しい古書に紛れて明らかな異彩を放つ、あの恋愛小説だ。
「…。」
「あ、それは、…神社の者が読みたがっていたもので…。」
「ほう…。」
店主は深くは追求しなかったが、それはそれは面白そうな表情で小説を風呂敷に包んだ。
「わざわざ神主殿に使いを頼むなど、肝の座った奴が居たものじゃのう。」
差し出された小銭と引き換えに、店主は古書と恋愛小説の入った風呂敷を伊丹に差し出す。
伊丹は何時も通りの笑顔でその風呂敷を受け取った。

大丈夫、何も怪しまれてはいないはずだ…。

「毎度。身体には気をつけたまえよ神主殿。」
「ええ、どうも。」
店主に見送られながら、伊丹は書店を後にした。

予定よりも少々長居してしまった。
煌々と輝く日輪が、少しだけ傾いていた。
「全く、僕は何をやっているのだろう…。」
伊丹は先程の恋愛小説について考えていた。
古書と同様に参考にする為に買った、とは言え、やはり余計なものは余計だったのではないだろうか。
そう想いながら、伊丹は神社へ足を進めた。

………

「…。」
亥の刻。
夕食を終え自室に戻ってきた伊丹は、買ってきた古書もそこそこに、初めて読む恋愛小説に没頭していた。
特に、店で立ち読みしたあの少々破廉恥な場面を食い入る様に読み進めていた。

…僕は、幻洛さんとどうなりたいのだろうか…。
相思相愛とわかり、一度だけ口付けもした。
しかし、それ以上の事を彼に求めても…。

「いったみ〜ん」
「!?」
突然、背後から聞き慣れた低い声が部屋に響き、伊丹はビクッと肩を震わせた。
声の主は、…幻洛だ。
「ちょっと、部屋に入る前に声くらいかけて下さい…!」
「かけても返事がなかったから入っただけだ。」
それほど没頭してしまっていたのだろうか。
正直、全く気づいていなかった。

いそいそと、伊丹は読んでいた小説を閉じた。
「…そもそも、”いたみん”って何ですか…。僕の名前は”伊丹”なんですけれど。」
「より可愛さが増さないか?」
「男の名前に可愛さを求めてどうするんですか。」
呆れたように、伊丹は素っ気無く言い放つ。
「とにかく、そんなふざけた名称で呼ばれても反応に困りますし、特にふゆはさんたちの前ではやめて下さい。」
まだ昨日の出来事ではあるが、幻洛とそういう仲になってから、伊丹は彼を意識しすぎるようになってしまった。
素直になろうとする程、無性に恥ずかしさが増してしまう。
今まで通り、普通に接すればいいだけなのに。

「…何かの小説か?」
「!」
手に持っていたものを指摘され、伊丹は我に返る。

ここで下手に隠したら、益々怪しまれる。
幻洛さんと関係が進んだことで、少しでも彼に応えられるよう俗の知識を取り入れたいから買ったなど…。

「そうですよ、少し気晴らしに読んでいただけです。」
伊丹は何食わぬ顔で表紙を見せないように、その恋愛小説を膝の上に置いた。

「…で、幻洛さんは僕に何か用があったんでしょう?」
追求されないように、淡々と、伊丹は幻洛に問う。
「ああ、コレを渡そうと思ってな。」
つれない伊丹とは対照的に、悠々と幻洛は自身の懐を探った。

小洒落た小包が姿を現す。

「伊丹に惹かれた時から、買おうか悩んでいてな。ただ、俺から急にこんなものを渡されたら気味が悪いだろうから、ずっと買わずにいたんだ。」
「え、…?」
小包を渡された伊丹は、驚きながらもおぼつかない手つきでその包装紙を開けた。

解かれた小包の中から、黄金に輝く髪留めが姿を現した。
それは伊丹が常に付けているものとよく似ていた。

「伊丹の髪留め、金属部分がかなり剥がれているだろ?」
すこし照れくさそうに幻洛は笑った。
「まだ伊丹の好みがわからないからな、今付けている物とあまり変わらないものを選んでみたんだが…。」
「…。」
伊丹は返す言葉を失った。

僕は、なんて愚か者なのだろう。
僕が思っている以上に、彼は純粋に、僕のことを…。

「幻洛さん…。」
ぎゅっと、伊丹は幻洛から貰った髪留めを握り締めた。
様々な感情が込み上げ、思わず彼に抱きつきそうになるのを必死で耐える。
フッと伊丹は息を吐き、高ぶる気持ちを整える。
「…ありがとうございます。一生の宝物にさせて下さい…。」
ふわりと、伊丹は幻洛に笑いかけた。
改めて、自分に笑いかける伊丹の中性的で綺麗な顔立ちに、幻洛はゴクリと生唾を飲んだ。

かわいい、な…。

幻洛はいつも以上に、情けなくも頬が緩んでしまった。

伊丹は古い髪留めを外し、幻洛から貰った髪留めに付け替えた。
キラリと黄金の髪留めが一層輝く。
「…どうですか?」
「ああ、よく似合っている。やはりコレを選んで良かった…。」
幻洛は衝動的に、金色に輝く留め具から流れ落ちる柳緑色の長髪を掬い、軽く唇を落とした。
その様子を、伊丹もされるがままに、愛おしそうに眺めていた。

「…やっと、一つの呪縛から解放された気分です。」
それまで身につけてきた、古く穢れた髪留めを見つめながら伊丹は呟いた。
「幻洛さん、本当に、ありがとうございます…。」
噛みしめるように、伊丹は幻洛への想いを綴った。
そのままそっと、幻洛に身を寄せる。
「…好き、です…。」
好意を言葉にすることはどうしても慣れないのか、伊丹は幻洛の肩口に額を預けながら、蚊の鳴くような小さな声で呟いた。
しかし、言葉では恥じながらも、大きく毛艶の良い伊丹の尻尾は嬉しそうにユラユラと左右に揺れていた。
そんな正直な尻尾に、幻洛はより一層の愛おしさを感じていた。
「伊丹。」
自身に擦り寄る伊丹の細い腰グイと引き寄せ、幻洛は伊丹の首筋に顔を埋める。
途端に、伊丹の身体が緊張により強張る。
「…。」
そそられる良い匂いに、幻洛の雄の本能が掻き立てられた。
まるで異性のように、不思議と引き寄せられる伊丹の匂い。

ふと、幻洛は疑問を感じた。

伊丹も雄のはずだが、どこかが妙に違うのは何故だろうか。
雄が雄に本能を刺激されるなど、普通は有り得ないはずだ。
…”普通”、では…?

「ん、幻洛さん…。」
甘えるような声で名を呼びながら身を擦り寄せてくる伊丹に、幻洛は思考が途切れる。
「伊丹…。」
…嗚呼、今はただ、この幸せな時を満喫しよう。
密着した身体から、互いの鼓動を感じていた。

この先も、ずっとこうしていたい。

もっと、互いが一緒に過ごす時間を大切にしたい。

互いが互いを想い合う幸福な夜は、そのままゆっくりと更けていった。

 

 
Back To Top