★本編★

其ノ陸、心

【主要登場人物】
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon-g.jpg です この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon-i.jpg です  この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon-r.jpg です

【その他登場人物】
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は icon-t.jpg です

*CP*

——————————

「…おはよう、ツヅリ。」
「ああ、ふゆはちゃん、おはよう。」
あれから一夜明け、ふゆははいつも通り朝食を食べる為、居間へ入った。
皆の朝食を準備しているツヅリが、今日は特別楽しそうだった。

「ナギといい関係になれたそうだな。」
「!?」
予想だにしなかった言葉に、ふゆはは朝から驚愕した。
「どど、どうして知っているのっ…!?」
自分はまだ夢でも見ているのではないか。
そう思いながらも、ふゆはは顔を赤くしながら慌てふためいた。

「ん?さっきナギが自分で言いふらしていたぞ?」
しれっと言うツヅリに、ふゆはは一瞬思考が止まった。
「え、えっ…!?ウソッ…!?」
あのナギが、ふゆはとの関係を、自ら進んで宣布するなど思いもしなかった。
あの無口無表情のまま、どういう心境で言いふらしていたのか。
…正直、その状況は微塵にも想像することができなかった。

「…やれやれ、おなご共は朝っぱらから元気だな。」
居間で静かに騒ぐ女子二人の背後から、突然低い声がした。
紺色の長い髪を一つに結び上げた長身の男が、呆れたように苦笑いをしながら居間に現れる。

万華鏡神社の用心棒の一人、幻洛だった。

「ああ、幻洛、おはよう。」
「幻洛…、おはよ…、じゃなくて…!は、は、早くナギを止めないと…!」
朝の挨拶もそこそこに、ひたすら慌てるふゆはに、幻洛は思わず笑ってしまった。
「ククッ、成る程…、余程いいことがあったようだな、ふゆは。」
ニヤニヤと、幻洛は慌てるふゆはに茶々を入れた。
「か、からかわないでってば…!」
ふゆはは恥ずかしがりながら、その真っ赤になってしまった顔を覆い隠す。

「ああ…そうだ、ふゆはちゃん、伊丹はどうした?今日は珍しく朝食を食べていないんだが。」
ツヅリは突然、思い出したかのようにふゆはに訪ねた。
その日、伊丹は朝食を食べるどころか、居間にすら来ていなかったのだ。

スッと、熱く舞い上がっていた空気が冷え始める。

「えっ…?あ、そういえば…、ちょっと忙しいとは言っていたけれど…。」
ふゆはは今朝、伊丹に会っていた。
ただ、今日は本当に忙しそうで、大した話はしなかった。
それでも、伊丹はいつもの柔らかな笑顔で話していた為、ふゆはは特に気に留めていなかった。

「…。」
幻洛は、ふゆはの話を真剣な面持ちで聞いていた。
「朝ごはんも食べてなかったなんて…。伊丹、大丈夫かしら…。」
万華鏡神社の方角を眺めながら、ふゆはは心配そうな顔で呟いた。

「…ふゆは、伊丹が忙しいと言っていたのはいつだ?」
少し険しい表情で、幻洛はふゆはに追求した。
「え…と、ついさっきの事だけれど…。」
「そうか。」
ワシャワシャと、幻洛は大きな手でふゆはの藤色の頭を撫でる。
「あの、幻洛…?」
ふゆはは疑問の表情を向ける。
それに対し、幻洛はフッといつもの笑みを浮かべる。

しかし、その目は一切笑っていなかった。

幻洛は黒い服を靡かせながら、そのまま足早に居間から出ていってしまった。
その横顔は、先程まで自分をからかっていたとは思えない程、真剣な表情の幻洛だった。

伊丹も、幻洛も、一体どうしたのだろうか。
ふゆはは呆気にとられていた。

「…ところでふゆはちゃん、ナギの事はいいのか?」
「!」
ツヅリの一言に、ふゆはは我に返った。
そしてまた、顔を赤くしながら慌てふためいた。

ナギの事も気になるが、まずは落ち着いて朝食を食べなければ。
そそくさと、ふゆはは卓袱台に着いた。

今日も、いつも通りの一日が始まる、そう思いっていた。

………

万華鏡神社と屋敷を結ぶ、一般の者は入ることが出来ない小さな林道。
その境界した塀に、伊丹は背を預け、項垂れていた。

陽は厚い雲に遮られ、まだ朝だというのに薄暗かった。
周囲の竹林が、時より強い風で唸るようにざわめく。

「っ…はぁ…、」
苦しそうに、伊丹は息を吐いた。
「…重、い…。」
自身の腕を掴みながら、伊丹は迫りくる何かに耐えていた。

生憎の天候故か、今日は小鳥のさえずりさえも聞こえない。
ただ、風でざわつく竹林の葉が、現実の思考を遮るように煩く聞こえた。

もう、そこは既に現実ではないかのように。

「伊丹。」
ふと、聞き覚えのある低い声に、伊丹は現実に引きずり戻される。

「幻洛、さん…?」
ああ、またか、また貴方は、僕の邪魔をするのか。
あの日の夜、一瞬だけ目を合わせてしまっただけで、こんな愚か者に付きまとわれるようになるだなんて。

嫌いだ。
嫌いだ。
お前、なんて…。

「…こんな時間に、心外ですね。まだ村の巡回に行かないんですか?」
平然と、皮肉を交える。
思わず悪態をつきそうになりながら、以前のことも無かったかのように、伊丹は笑顔で応えた。
その笑顔は誰にも向けられていなかった。

「ふゆはが心配していた。」
伊丹の問いを無視するかのように、幻洛は言葉を発する。
ふゆは、と聞き、伊丹は一瞬言葉が詰まる。
「…心配?何がです?いつも通り、僕は仕事に追われて忙しいだけですが?」
伊丹は仕事に忙しいときの自分を思い出しながら、本当にそうであるかのように、ただひたすら冷淡に答える。

偽る、という下衆な行為をする自分自身に、伊丹は内心苛ついていた。

「シラを切るのもいい加減にしろ。」
幻洛の声が、より一層低くなる。
じり…、と着実に、ゆっくりと伊丹に歩み寄った。

「お前、その呪いをどうするつもりだ。」

あの日の夜、幻洛が言いかけた言葉だ。
やはり、既に読まれていたのかと、伊丹は苦虫を噛み潰したような顔をした。

「…呪い?幻洛さん、貴方は何か良からぬ怪異にでも、」
「覚(さとり)相手にいい度胸だな。」
低く鋭い幻洛の声が、シラを切り続ける伊丹の言葉を断ち切った。

幻洛は距離を詰め、伊丹の顔の横に片手をつく。
伊丹の背後にある塀が、鈍い音を上げた。

「…幻洛さんには関係の無い事ですから。そう無駄につきまとわれると、こちらも迷惑なんですよ。」
追い込まれた伊丹は、今までのことを肯定も否定もしなかった。

ただ、その言葉もまた偽りであった。

「俺の眼を見て言え。」
「っ…!」
幻洛の言葉に、伊丹は思わず息を呑んだ。
呪いの件が認知されている時点で、もう逃げることなど出来なかった。
だけれども、それでも、その金眼を見ることが伊丹には出来なかった。

一向に顔を背ける伊丹に、幻洛はこちらを向かせようと、ついた手とは逆の手を伸ばした。

「っ!触るな!!」
咄嗟に、伊丹は声を荒げながら手を払い除け、幻洛の額に自身の指を突き立てた。

「!?」
途端に、幻洛の視界が傾く。
プツリと世界が遮られ、思考が暗闇へと引きずり込まれる。

『その隈取り…、お前、覚の血が混じってるのか?ハハッ、そいつは不運だな。…知らないのか?昔から、覚の血を持つものは…』

聲が、聞こえる。
あの時の、聲が。

『覚なんて下衆な血が流れてるヤツに好意を持つとでも思ってたの?一回アタシを抱けたからって、勘違いしないでよね。…気持ち悪すぎて反吐が出るわ。』

気持ち悪い。
気持ち悪い。
気持ち悪い。

―――なぜ、俺の身体には覚の血が流れているのだろうか。
他者の心を見透かせる程度の能力が、これ程まで誰かに不快を与えているなど、思いもしなかった。

ただ、居るだけで誰かを不快にさせている。

こんな冷遇された世界になど、生まれてきたくなかった―――

過去、幻洛自身に降り掛かった精神的恐怖の記憶が、頭の中で鮮明に蘇っていた。
それは伊丹による、その者が過去に経験した恐怖の記憶を見せつける術だった。

心の奥底で固く閉ざされた遠い過去の記憶が、否応無しに引きずり出される。

長い年月をかけてようやく癒えた心の傷が、たった一瞬で、再び深くエグれていく。

「っぐ、…!!」
幻洛は思わず伊丹から離れ、そのまま膝をついた。
一瞬の術から解放されたものの、その記憶は延々と、呪いのように幻洛の脳裏を彷徨っていた。

「はっ…は…、呪いを、どうするか、だと…?たかが覚の分際で、何もできない愚か者が口を出すな…!」
己の前で跪く幻洛に、伊丹は罵声を浴びせる。
その怒りに満ちた声は、微かに震えていた。
幻洛は苦い表情で伊丹を見上げる。
「…これ以上、僕に関わるな…!」
その表情は、幻洛と同じくらい苦しそうに見えた。
伊丹は捨て台詞を吐き、不快そうにしながらも静かに、足早に神社の方へ立ち去った。

それまで騒めいていた竹林の葉が、途端にしんと静まり返る。

「…クソッ!結局…こうなるのかよ…!誰かを救いたいという気持ちさえ、俺は…ッ!」
感情を荒げ、蹌踉めきながらもなんとか立ち上がる。
エグられた心の傷から大量の血が滴る感覚に、幻洛はギリッと鳴るほど歯を食いしばった。

『僕は好きですよ、貴方の能力。』
「…!」
過去の重苦しい記憶が蘇る中、ふと、伊丹の聲が聞こえるような気がした。
それは幻洛が初めて伊丹と出会い、彼から言われた言葉だった。

―――覚の血族であるがゆえ、その冷遇に耐えきれず故郷を捨てた幻洛。
行く宛もなく、数日間飲まず食わずに歩き、偶然辿り着いた先が万華鏡村の境目にある竹林だった。

その竹林で、柳緑色の頭から狐耳の生えた妖狐、…伊丹と出会った。

伊丹と出会った時、彼は怪異の一つである邪鬼に襲われていた。
狩衣が裂け、錯乱しながら抗う伊丹が目に映った幻洛は、一刻も早く彼を助けるべく、持っていた薙刀を構えて急行した。
疲れた、腹が減った、そんな事など考える余地もなかった。

ただ、彼を助けたい。
その一心で幻洛は戦った。

結果的に、幻洛はその邪鬼を殺めることで事は収束した。
目の前で、容赦なく生きている者を殺した。

この妖狐には、さぞ軽蔑されるだろう。

幻洛はそう思っていた。
今更、誰かに不快感を露わにされるなど慣れた事だ。
これまでの冷遇と比べたら、そんな事は気に留めるまでもなかった。

幻洛はすぐ、その場を去ろうとした。
しかし、返り血に濡れた腕を伊丹に掴まれ、そのまま引き止められた。

伊丹の悲願するような思いに、幻洛は万華鏡神社に付属する屋敷へと招かれた。

屋敷には、彼の愛弟子であるふゆはもいた。
ふゆはも妖狐ゆえ、当時は血縁者か愛人かと幻洛は思っていた。
当然、ふゆはは初めて見る幻洛という者に驚きを隠さなかった。

こんな血塗れた浮浪者を屋敷に上げるなど、お前のツレも相当正気ではないヤツと思うがな。
幻洛はそう嘲笑いながらも、極力ふゆはを視界に入れることはしなかった。

小さな客間へ案内された幻洛は、伊丹と共に疲弊しきった身体を休めた。
その間、伊丹と様々な話を…、というよりは、伊丹が一方的に話をしていた。
赤の他人に自分のことを語るなど、幻洛には出来ない事だった。

話は幻洛の種族についてのものだった。
幻洛は混血の妖怪だが、身体に流れる血の半分は覚のものだ。
その証として、幻洛は生まれつき目の周りに隈取りが記されていた。

幻洛が覚の血族であることを知った伊丹は大変驚いていた。

伊丹は非常に興味深そうに幻洛のことを尋ねた。
それは嫌悪感によるものなどではなく、純粋な好奇心によるものだった。
なんでも、万華鏡村には覚という妖怪そのものが居ない村だと伊丹は言った。
そんな辺鄙な村に幻洛のような妖怪が訪れるなど、それまでなかった事だったようだ。
故に、覚の血族に関する逸見も、この村の者たちにとっては皆無であった。

自分の存在を否定しないことを知った幻洛は、これまでの出来事を淡々と伊丹に語った。
”鷹ノ目”という他者の心を読み取る能力の事。
それに準じて、千里眼のような力が使える希少な特殊能力の事。
そして、その能力のせいで、周囲から煙たがられてきた事も。

『僕は好きですよ、貴方の能力。』

伊丹は邪心のない笑顔でそう言った。
きちんと、幻洛の金眼を見ながら。

何故、伊丹が幻洛の能力を称賛したのかは思い出せない。
ただ、その言葉と、初めて向けられた純粋な笑顔が、いつの間にか幻洛の中で唯一の心の拠り所となっていた。

いつからだったか、伊丹を特別な視点から見るようになったのは―――

「ッ…!」
ズキンッ…と、心が痛む感覚に幻洛の思考が現実へと引き戻される。

忌々しい記憶に押しつぶされていた、伊丹との大切な記憶。
その記憶が、炎のように幻洛の中で蘇る。

「…こんな事で、諦められるか…ッ」
幻洛は傷つきながらも達観したような目で、その場を去る伊丹の背を見ていた。

………

亥の刻。
伊丹は屋敷へ戻らず、万華鏡神社の仕事部屋に身を置いていた。
無論、夕食すら食べることなく。

「伊丹…。」
ふゆはは今日の夕食を持ちながら、伊丹がいつもいる仕事部屋の前で心配そうに呟いた。
伊丹の式神が、困った様子でその部屋の前に立っていた。
「ふゆは様、今、伊丹様は…、」
「構いません…、入ってどうぞ…。」
部屋の中から、聞き慣れた声がした。
しかしその声は、聞いたことのないほど弱々しいものであった。
式神は一礼しながら、ふゆはの入室を許可した。

ふゆはは普段より重く感じる襖を開け、部屋に入った。
そこには、壁に背を預けながら縁側の窓際に座り、何も見ていない表情で外を眺める伊丹の姿があった。
その色白で整った綺麗な顔は、闇夜の光のためか、より一層白く輝き、今にも消えてしまいそうだった。

あの厳しくも優しい、優しくも厳しい自分の師が、とても美人で、儚く見えた。
ふゆはは思わず息を呑み、その姿に見惚れてしまった。

そんな美人で儚い姿の者を、遠い遠い昔、どこかで見たような気がした。

それは、自分がこの世に生を受けた時。
優しい愛情を与えながらも、その背負っていた病により、幼きふゆはを残し、この世を去っていった者。

母…、上…?

ハッと、ふゆはは止まっていた息を吐く。
自分は今、何を考えていたのだろうか。
ふゆはは小さく咳払いをし、その心を整える。
「…伊丹、大丈夫…?今日は朝も、昼も、何も食べてないから…。」
ふゆはは伊丹の側に座り、彼の隣に今日の夕食を置いた。

「みんな、心配していたわ。」
伊丹は視線のみ、ふゆはの方へ向けた。
みんな、とは、誰から誰までのことなのだろうか。
心配、という概念は、皆どのように感じているものなのか。
わからない、自分には、何もわからない。

あの男なら、それすらも読み取ることが出来るのだろうか。

「…ありがとうございます…。少々、予想外の仕事に巻き込まれただけなので…。」
伊丹は預けていた背を起こしながら姿勢を正し、いつもの笑顔をふゆはに向けた。

予想外の、仕事。
そう、あれは予想外で、それを対処するだけの、ただの仕事だったのだ。
それで、いいんだ。

「そう…。」
ふゆはは短く、目を伏せながら返事を返した。

夜風が、やんわりと吹き付けた。
リンリンと、虫の声が木霊する。

「私だけじゃ頼りないかもしれないけれど、無理しないで…。仲間を、家族を頼ってね…?」
「…。」
仲間、家族…。
それは昨日、伊丹がナギに向かって言った言葉。
まさかこんな形で、こんなにも早く自分に帰ってくるとは、伊丹は思いもしなかった。

心身ともに疲弊しきっている師を前に、あまり長居はすまいと、ふゆはは立ち上がる。
「伊丹…、独りで抱えちゃダメだから、ね…?」
部屋の襖へ向かう途中、ふゆはは振り返り、心配そうな顔で伊丹を見つめた。
「…大丈夫です、ふゆはさん。僕はもう、大丈夫ですから…。」
伊丹はふゆはに微笑み、名残惜しそうに去り行く小さな背を見送った。

静かに、その襖が閉ざされる。

途端、伊丹はそのままゆっくりと突っ伏した。
「…、ごめんなさい、ごめん、なさい…。」
誰に対して、何に対して謝罪の言葉を述べているのか。

伊丹は既に、”自分自身”を見失っていた。

包帯で巻かれていない左目から、ひとしずくの涙が零れ落ちる。
伊丹は己の狩衣の裾を、皺になるほど強く握った。

ただ、冷たく、暗いところから、助けを求めていた。

………

「今日も異常はなさそうだな…。」
ふゆはが伊丹の仕事部屋に訪れていた同時刻。
屋敷の屋根上から村全体を見渡す、赤い髪の男が居た。
その顔の左には、濃い傷跡が残っていた。

万華鏡神社の用心棒の一人、裂だ。

裂は忍術に長けていることにより、幻洛、ナギとは違い、主に夜中にて巡回および警守をしている。

ふと、裂は自身の背後から何者かの気配を感じていた。
その気配は、裂が昔からよく知っている者のものだった。
「こんな時間に来るとは珍しいな、幻洛。」
「…やはり分かっていた、か。」
フッと幻洛は鼻で笑った。
もはや振り返らずともその正体はわかっていたようだ。
忍術に長けている者ゆえ、気配を感じ取るなど容易いことなのだろう。
幻洛は、村を見渡す裂の隣に座った。

「どうしたんだ?」
こんな時間に起きているなど、明日の巡回任務に支障が出るのではないか?
裂は不思議そうに、幻洛に尋ねた。

「…裂、お前は、大切な者が破滅の道に進んでいたら、命をかけてでも止めるか?」
思いがけない質問に、裂は一瞬思考が止まった。
「…は?何だ、急に…」
「まあ、ただの例え話だ。そう深くは考えるな。」
幻洛はいつものように、顔に笑みを浮かべながら話していた。
深くは考えるなと言われても、あの幻洛が、こんな意味深な質問をするなど、考えてしまうに決まっているだろう。
裂は額に手を添えながら、少し時間を取った。

「…、俺は、相手の意志を尊重する。」
裂はゆっくりと答えた。
「相手が、本当に破滅を望むなら、俺は止めようとはしない。相手の望みを止めるなど、結果的には自分のことしか考えない、ただの我儘だ。」
「…なるほど、な…。」

我儘、か。
あいつが本当に、心の奥底から破滅することを望んでいたならば、その通りだろうな。
自分のことしか考えない…?いや、自分のことなど、正直どうでもよかった。

俺は…、ただ…、あいつの為に…。

幻洛は裂と共に、暗闇に包まれた村を見渡しながら、目を細めた。

「…まさか…、今日の伊丹の件が絡んでいるのか…?」
そんな幻洛を横目に、裂は事の真相を察した。

裂も、今日の不可解な伊丹の件を知っていた。
万華鏡神社の神主であり、ふゆはの師で親代わりの身でもある伊丹の事だ。
彼も彼で、事が上手くいかずに思い悩む日だってあるだろう。
そう、裂は思っていた。

「…。」
幻洛は聞いているのか聞いていないのか、ただただ無言だった。
「幻洛…、あまり、そういう件は首を突っ込むな。お前は、その鷹ノ目を使い過ぎている。」
”ソレ”で、今までも散々な目に遭ってきたのだろう。
裂は深く溜息を付いた。
「誰にも知られたくない想いだって、伊丹にもあるはずだ。」
この世を生きる者であれば、あって当然のことだろう。

伊丹の一生は、伊丹自身が決めることだ。
その一生の当事者でない者が、差し出がましい事などすべきではない。

裂は幻洛に、少しばかり強く忠告した。

夜風が、やんわりと吹き付けた。
リンリンと、虫の声が木霊する。

幻洛の髪が風で揺らぎ、普段その前髪に隠された右目が、一瞬ばかり闇夜に包まれた村を映す。
その黄金に輝く両目は、月の放った僅かな光を反射していた。

「…それでも、俺はあいつを、伊丹を止める。これが我儘だと蔑まれても構わない。」
「…!」
おい幻洛…、と、裂は呆れたように口を出そうとした。

「…あいつは、本心では破滅することを望んでいなかった…。」
幻洛は、より一層険しい表情で呟いた。
「破滅?伊丹が?…幻洛、一体どういう事だ?」
不可解な言葉に、裂は驚きを隠せなかった。
「ああ、つい口が滑ったな。…まあ、どうも伊丹が厄介事を解決できずに困っているだけだ。」
「はあ…?」
幻洛の適当な物言いに、裂はただ疑問符を浮かべるだけだった。

裂に見られないように、幻洛はスッと笑みを消す。
「…ただ伊丹救いたい。それだけだ。」
誰宛にでもなく、幻洛は呟いた。

冷たい夜風が優しく吹き付ける。

『…これ以上、僕に関わるな…!』
あの時、己を取り乱した伊丹は、はっきりと幻洛の眼を見ていた。

―――――僕は何故、こんな呪いを背負ったまま生まれてきてしまったのだろう。
これは神のいたずらなのか、それとも、周囲より強い霊力を持つ者の対価なのだろうか。

ゆっくりと、確実に、自分の身体が呪いに蝕まれていくのを実感してきた。
その呪いの進行を抑える為、身体中に包帯を巻き、ずっとずっと、迫りくる恐怖から目を背けてきた。
それでも、呪いの進行は完全に抑えられていないのが、やっと、ようやくわかった。

見えない魂が、よりはっきりと見えるようになってきた。
聞こえない聲が、よりはっきりと聞こえるようになってきた。

あちら側の世界に、刻一刻と取り込まれている。

もう、どうすることも出来ないんだ。
いつか、僕が僕でなくなる日が来るのだろう。

重い。痛い。寒い。苦しい。寂しい。

怖い。

誰か、助けて。―――――

覚の力で読み取れた伊丹の真意。
抗い、幻洛を払い除けた行動は、もはやただの自暴自棄だったのだ。

決心したかのように、幻洛は立ち上がる。
その表情は、今まで裂が見たことがないほど真剣で、本気だった。
「…幻洛、相手が伊丹と言え、あまり無謀な事はするなよ?」
「ああ、わかっている。」
短く答え、幻洛は裂に背を向けた。
「任務中に悪かったな。引き続き、よろしく頼む。」
フッと、幻洛は笑みながら、屋敷の屋根上から降りていった。

裂は尚も驚きつつ、やれやれ、と苦笑いした。
「…全く、情の深い奴だ…。」
旧知の仲であるものの、幻洛は昔から自分のことはあまり話さない質だった。
なんでも、覚の血族であることが原因で、故郷ではあまり良い思い出がないそうだ。
おそらく、幻洛の心も、これまで相当傷ついてきたのだろう。

…それなのに、何故あれほどまで誰かを助けたいと思えるのだろうか…。

ともかく、相手はあの伊丹。
長らく、共にここで暮らしてきた者だ。
今や深い絆で結ばれた者を、放っておくなど出来ないのだろう。

しかし、あの真剣な面持ちは、それだけの理由故なのだろうか。

「…どうであれ、後は幻洛次第だろうな。」

裂は健闘を祈りながら、村の巡回に出る為に、屋敷の屋根上から飛び降りていった。

 

 
Back To Top